びっくり!ばねガエル|理科実験の開発・製造・販売のサティスタ

0774-28-6800

お問い合わせ

ファブス

【商品コード:201-20】

推奨学年年長~小2

身の回りの科学
びっくり!ばねガエル
モザイクアート
もしもし、いとでんわ
きせつのしょくぶつ
やさいとくだもの
クラフトプログラミング
こん虫のからだ
おりぞめうちわ
空気や水
まわれ!かざぐるま
手のひら水ぞくかん
空気でポン!
磁石を使う
じしゃくでさかなつり
電気を使う
ピカピカハウス
ハートピカメッセージ
鏡を使う
おもしろシンメトリー
ビー玉まんげきょう
ふしぎなミラーロボ

びっくり!ばねガエルNew!

※小さな画像をクリックすると拡大できます。

実験分類

  • 薬品を使う
  • 鏡を使う
  • 電気
  • 磁石
  • 音を鳴らす
  • 飛ばす
  • 空気や水
  • 身の回り
  • 水使用
  • 暗室使用

実験ムービー

実験の概要

のびる?ちぢむ?ばねのヒミツを解き明かそう!

【必要な道具】はさみ・セロハンテープ
 

わくわく1 ばねのひみつ(目安時間:20分)
わくわく2 びっくりばこをつくろう(目安時間:30分)

 

ばねには押しばねと引きばねがあります。押しばねは圧縮ばねとも呼ばれ、ボールペンや自転車の
サドルのサスペンション、ベッドのマットレスなどで活用されています。引きばねは引張ばねとも呼ばれ、両端にフックがついていることが多いです。自転車のスタンド部分やばねはかりなどで活用されています。

わくわく1では、まず引きばねを軽く伸ばし、力をゆるめると元の形に戻ることを学びます。また、引きばねを目いっぱい引っ張ると元に戻らなくなることも学びます。
さらに、押しばねとして紙ばねを使い、ぴょんぴょん飛びはねるカエルを作ります。飛び跳ねさせて遊びながら、カエル(ばね)の大きさによって飛び方が異なることを観察します。
わくわく2では金属の押しばねを使ってびっくり箱を作ります。

身のまわりで活躍している「ばね」。その役割と特徴を遊びを通して学ぶことができるおすすめの実験です。