クラフトプログラミング|理科実験の開発・製造・販売のサティスタ

0774-28-6800

お問い合わせ

ファブス

【商品コード:201-11】

推奨学年年長~小2

身の回りの科学
きせつのしょくぶつ
やさいとくだもの
クラフトプログラミング
こん虫のからだ
かげえのせかい
きになるねん土
おりぞめうちわ
キラキラ偏光
空気や水
手のひら水ぞくかん
空気でポン!
電気を使う
ハートピカメッセージ
鏡を使う
ビー玉まんげきょう
ふしぎなミラーロボ

クラフトプログラミング

※小さな画像をクリックすると拡大できます。

実験分類

  • 薬品を使う
  • 鏡を使う
  • 電気
  • 磁石
  • 音を鳴らす
  • 飛ばす
  • 空気や水
  • 身の回り
  • 水使用
  • 暗室使用

実験ムービー

実験の概要

2018年2月1日新発売です

「組み立てる」の基礎を育む知育実験です

【必要な道具】  ハサミ
 
 
わくわく1 いろいろなかたち(目安時間:10分)
わくわく2 パズルをつくろう(目安時間:20分)

わくわく2 めいろをつくろう(目安時間:30分)
 
 
2020年より小学校での学習にプログラミングが組み込まれます。
一般的なコンピュータープログラミングとは、コンピュータープログラムを作成し、人間が意図した処理を行うように、コンピューターに指示を与えることです。これらはC言語などのプログラミング言語を用いる必要があります。

しかし、小学校で学ぶプログラミングは、算数や理科、総合的な学習の時間などで「プログラミング的思考」を育成することが目的です。プログラミング思考とは、「物事には手順があり、その手順通りに進めば物事が解決できる」というように論理的に考える力です。
本実験では、パズルや迷路を作ることにより、この「プログラミング的思考」を養います。

「わくわく1」では、5つのブロックを使い、様々な形を作ります。
「わくわく2」では、16個のブロックを使い、パズルを作ります。
「わくわく3」では、自分で設計図を書き、迷路を作ります。


【製品についての注意事項】
・実験で使用する薬品が目や口に入った場合は、すぐに多量の水で洗い流してください。