月の満ち欠け|理科実験の開発・製造・販売のサティスタ

0774-28-6800

お問い合わせ

フォアフロント

【商品コード:101-64】

推奨学年小4~中3

地学
月の満ち欠け
プラネタリウムを作ろう
太陽の動きと影
地層とボーリング
生物
呼吸のしくみ
人体模型を作ろう
消化のはたらき
手作りけんび鏡で観察
視覚の科学
化学
コールドパックを作ろう
カイロのなぞを探れ!
環境問題・石けんを作ろう
水溶液の性質
スライム・高分子の化学
オリジナルプラスチック成型
気体発生
時計反応と振動反応
浄水を科学する
木炭の性質
ろうそくを科学する
ものの溶け方
電気分解とイオン
物理
レンズと像
ギターを作ろう
望遠鏡のしくみ
ふり子の運動
コイルモーター
ポンポン船を作ろう
空気砲を作ろう
静電気を科学する
浮力と浮沈子
電磁石作成とベル
乾電池と豆電球回路
てこの性質
電磁ブランコ
大気圧と真空
衝突とエネルギー
熱伝導と対流
反射と合わせ鏡
色と光の分解
電熱線の科学

月の満ち欠け

※小さな画像をクリックすると拡大できます。

実験分類

  • 物理
  • 化学
  • 生物
  • 地学
  • 総合学習
  • 入試直結
  • 水使用
  • 火気使用
  • 暗室使用

実験ムービー

実験の概要

目の前で月の満ち欠けや日食・月食のようすを観察できます

【必要な道具】 筆記用具
【小学校学習指導要領】 小6「月と太陽」
【中学校学習指導要領】 中3「太陽系と恒星」
 

実験1 月の満ち欠けを調べよう(目安時間:40分)
実験2 日食と月食のしくみ(目安時間:20分)

 

月の満ち欠けは中学・高校で入試頻出の単元ですが、立体的感覚はそう簡単に身につくものではありません。
天体分野は立体感覚を必要とするため、知識の定着が非常に難しい単元です。そんな単元だからこそ、実体験を通して学ぶことが有効です。
実験1では月の模型に光を当て、見る方向を変えることで月の形が変わっていくことを観察します。
実験2では日食と月食の原理についても考えます。

【製品についての注意事項】
・商品保護のため、高温の場所で長時間保管をしないでください。