てこの性質|理科実験の開発・製造・販売のサティスタ

0774-28-6800

お問い合わせ

フォアフロント

【商品コード:101-41】

推奨学年小4~中3

地学
月の満ち欠け
プラネタリウムを作ろう
太陽の動きと影
地層とボーリング
生物
呼吸のしくみ
人体模型を作ろう
消化のはたらき
手作りけんび鏡で観察
視覚の科学
化学
コールドパックを作ろう
カイロのなぞを探れ!
環境問題・石けんを作ろう
水溶液の性質
スライム・高分子の化学
オリジナルプラスチック成型
気体発生
時計反応と振動反応
浄水を科学する
木炭の性質
ろうそくを科学する
ものの溶け方
電気分解とイオン
物理
レンズと像
ギターを作ろう
望遠鏡のしくみ
ふり子の運動
コイルモーター
ポンポン船を作ろう
空気砲を作ろう
静電気を科学する
浮力と浮沈子
電磁石作成とベル
乾電池と豆電球回路
てこの性質
電磁ブランコ
大気圧と真空
衝突とエネルギー
熱伝導と対流
反射と合わせ鏡
色と光の分解
電熱線の科学

てこの性質

※小さな画像をクリックすると拡大できます。

実験分類

  • 物理
  • 化学
  • 生物
  • 地学
  • 総合学習
  • 入試直結
  • 水使用
  • 火気使用
  • 暗室使用

実験ムービー

実験の概要

計算中心の「てこ」の単元の補助教材としてもオススメです

【必要な道具】  ハサミ ・ セロハンテープ ・ のり
【小学校学習指導要領】 小6「てこの規則性」
 

実験1 てこのつりあい(目安時間:40分)
実験2 てこで重さをはかろう(目安時間:30分)
実験3 ニンジンの重心はどこ?(目安時間:20分)

 

てこ実験器を組み立て、力のつりあいについて学びます。
「支点からの距離」と「おもりの数」によってモーメントが変わり、つりあいの関係が変わることを調べます。
実験2では紙皿に身の回りのものを入れて、およその重さをはかります。
実験3ではニンジン台紙を例にして、太さが一様ではない棒の重心を求めます。
計算が中心となる力学の単元ですが、実際にてこ実験器を使ってつりあいの関係を実践することで計算が苦手な生徒でも取り組みやすくなるでしょう。
生徒の理解度を深めるための楽しいコンテンツとしてご活用ください。